青汁で病気予防記事一覧

美味しい青汁は医薬品ではなく健康食品で、飲用する習慣を取り入れることによって病気予防の効果や美容効果を得ることができるなどさまざまなメリットがあります。元々苦くて健康的な飲み物というのが売りでしたが、その苦さから大人でも飲めない人が多かったので飲み味を調整して美味しい青汁が多く販売されるようになりました。ガンの要因とは?青汁を飲用することで期待できる病気予防にガンの予防がありますが、ガンという病気...

生活習慣病という食生活や運動不足などが引き金になって起こる病気の中で脳卒中や心臓病を誘発する因子になると言われているのが動脈硬化ですが、血液中に中性脂肪やコレステロールが増えることによって粘度を増して、それが一部硬化することによって後続の血液が先に進むことができなくなる症状です。この症状を動脈硬化と言いますが、放っておくと重大な疾患に繋がることもあるので早いうちから改善を図って予防することが大切で...

血液中に糖分が増えるとインスリンが分泌されることによって正常値まで糖分を減らす働きをしますが、これによって血糖値が上がり過ぎるのを防いでおり少々甘いものをたくさん食べたとしても血糖値は元の状態に戻ります。糖尿病の要因とは?しかし糖分が多い食事を繰り返しているとインスリンが過剰に働くようになり、負担がかかってしまうことで機能が低下してしまうことがありますが、これによって血糖値が下がらなくなった状態を...

痛風は当然足の親指などが腫れて強烈な痛みを伴う症状ですが、最初は急にやってくる痛みに不安を覚える人も多くこの症状が現れて病院に行って診察を受けると痛風と診断されることが多くあります。痛風という病気は尿酸値が関係して起こる疾患で、その症状を助長しているのが食生活と言われており特にプリン体の摂取が多い人は発症しやすいと言われていますが、カロリー摂取が過剰な人も尿酸を増やすことで痛風の発症リスクを高める...

現代女性の多くが悩んでいる症状に便秘がありますが、便秘というのは腸内に溜まっている宿便が体外へなかなか排出されない状態を言い、通常であれば毎日か一日おきくらいのリズムで排便されるのに数日にわたって便が排泄されなくなります。便秘になる原因とは?便秘になる原因にはいろいろありますが、食生活がもたらす影響は大きく特に脂質が多い食事をしている人は便が硬化しやすく力をかけても排泄されにくいので食生活が乱れて...

自律神経が乱れることによって体にはさまざまな不調の症状が現れるようになりますが、自律神経は体のバランスを保っているもので呼吸や心臓、体温や消化機能などと深いかかわりがあります。また、自律神経には大きく分けて交感神経と副交感神経の二つの種類があり、それぞれが相互作用することによってバランスを保っているのですが、活動している時は交感神経の働きが高まって体を動かすモードになり、活動が弱まる夜間は副交感神...