豆乳との組み合わせで美味しい青汁

 

豆乳にはイソフラボンという成分が含有されており、この栄養分を摂取することによって健康や美容効果を得ることができるため、近年は豆乳やイソフラボンの栄養分が注目を浴びるようになりました。

 

また、イソフラボン以外にもさまざまな栄養分が含まれており生活習慣が乱れがちな現代人にとって豆乳は有難い飲み物ですが、同じく健康飲料として古くから愛されてきた青汁についても多くの栄養分が含まれているので豆乳とミックスさせることによって相乗効果が期待できます。

 

 

豆乳と青汁の組み合わせは栄養面という面では高いものが期待できますが、飲み味についても豆乳が青汁の苦みをいい感じに緩和してくれるので飲みやすく、美味しい青汁として飲用することができます。

 

健康面でのメリットは?

 

最近は美味しい青汁として販売されている青汁も増えているのですが、糖分などが多く含まれていることも多いため、自分で豆乳や牛乳などを購入して混ぜて飲用して味を調整する方が健康面ではメリットがあります

 

豆乳にはサポニンという成分も含有されていますが、この成分には血液中を流れる中性脂肪の数値を低減させる働きがあるので動脈硬化の予防効果が期待できることや高い抗酸化作用があるので活性酸素が増えるのを抑制することもできます。

 

他にもレシチンという栄養分は細胞膜を調整して新しく新陳代謝する際のサポート的な働きも担い脳の情報伝達の働きを促すことによって認知症を予防する効果も期待できると言われています。