牛乳との組み合わせで美味しい青汁

 

最近は美味しい青汁もそれぞれの健康食品メーカーから販売されるようになり、青汁イコール不味いというイメージは一新されつつありますが、スタンダードタイプの青汁を購入して自分で調整して美味しい青汁を作るという方法もあります。

 

その方法として青汁に牛乳を混ぜる方法がありますが、味が美味しくなるだけでなく牛乳が持つ成分といい感じに相互作用することによって栄養面でのメリットも高くなります。

 

 

牛乳には多くの栄養分が含有されていますが、その中でも3大栄養素と言われている炭水化物やタンパク質、脂質やミネラル分などは豊富に含まれている成分であり、これらの成分と青汁に含まれている成分を摂取することによってさらに高い健康効果も期待できます。

 

子供から大人まで飲みやすくメリットが多い

 

また、味については牛乳と混ぜることによって抹茶ミルクのような味になり上品な味わいを楽しむことができて、青汁が持っている特有の苦みや臭いについても牛乳が緩和してくれるので子供が飲むこともできます。

 

子供が飲用するメリットとしてカルシウムを摂取することができることがありますが、カルシウムは骨を形成する上で必要不可欠な栄養分であり、特に子供は成長過程で多くのカルシウムを使用する必要があります。

 

青汁には食物繊維も多く含まれているので便秘気味の人が飲用することで便秘解消の効果も期待され、他にも腸内環境の改善を促すことによって体臭予防や美容効果が期待できるなどさまざまな面でメリットがあります。