美味しい青汁

 

健康に良いとされている健康食品はたくさん販売されていますが、今はサプリを買って飲用することでも効果を得ることができるようになっており、購入の方法についてもお店に足を運ぶだけでなくインターネットを使ってスマホやパソコンで便利に購入することができます。

 

利便性の向上によって消費者も増えたわけですが、最近の健康や美容食品やサプリの中には信頼性に乏しいものもあり、特に体へ取り入れるものであれば体へのリスクが高くなることを考えると信頼できるものを購入して摂取するようにしたいものです。

 

昔からある健康や美容に対して効果がある食品の中に青汁がありますが、苦いというイメージがある一方で体にはとても良いというイメージを持っている人は多く、古くから今日に至るまで多くの人に愛されてきたことからも信頼性という点で見ると優れていると言えます。

 

 

また、最近は苦いタイプのものだけでなく美味しい青汁も販売されるようになっており、このタイプを購入することで飲みやすくなるのでケールや大麦若葉などの味が苦手という人でも安心して飲用することができるメリットがあります。

 

青汁購入のポイント

 

美味しい青汁を選んで購入する場合は実際に飲用している人の口コミなどの情報を確認するという方法がおすすめですが、この情報についてもインターネット上に多く掲載されているのでチェックすることによって情報を収集することができます。

 

美味しい青汁を購入して飲用する場合にちょっと飲んだだけではすぐに劇的な効果が現れるというわけではないので継続的に摂取することが基本的な摂取方法になってきますが、通販サイトなどで購入する場合はお得に買うことができる定期便のコースなども用意されています。

 

青汁にはいろいろな種類がありますが、それぞれの商品によって使用されている野菜が異なっていることやそれに伴って体に対しての効果なども異なってくることになるため、事前にきちんと調べておくことが選ぶ上でのポイントになります。

 

青汁を飲んで得られた嬉しい効果

三十代も半ばに入り、肌だけでなく体も疲労が抜けにくくなり、自分ももう若くはないのだなと老いを実感するようになりました。
ジムなどに通って運動でもしようとも考えたのですが、時間的な余裕を得ることが出来ずに、結局はなにも出来ずにいたちょうどそのとき、実家の母から青汁を始めてみないかと誘いの電話がありました。
母の話によると、今の青汁は昔みたいな冷凍なものだけで無く粉末を溶かすタイプのものやゼリー状のものなど飲みやすく、味も美味しくなってきているとの事でした。
そして、母はその青汁を始めてから体の調子も良くなり、持病の偏頭痛までも改善出来たとのことでした。

 

そこまで言うのであれば試しにと、母が飲んでいる商品を私も注文することにしました。
商品をネットで調べてみると、多くの青汁の中でも利用者の評価が良い商品でリピーターも多くいるとのことがわかりました。
商品が届き早速飲んでみると、その飲みやすさに驚かされました。
ずっと以前にテレビの罰ゲームなどで使われていたというイメージが頭から離れずにいたのですが、すっきりとして市販の野菜ジュースよりも飲みやすく、これならば毎日継続することも簡単に思えました。

 

それから私は毎日朝昼晩と1日三回欠かさずに飲み続けました。
そして、飲み続けてから一月近く経った頃、私はその効果を実感することが出来ました。
なんとなにもダイエットなどもしていなかったというのに、体重が二キロも落ちていたのです。
飲み始めてからすぐにお通じが良くなり、長年の便秘が改善されたのですが、その効果によってこのようなダイエットまで出来てしまいました。

 

そして他にも良い効果がありました。
毎朝、体が重く起き抜けがとても辛かったのですが、朝目を覚ましたと同時にすっきりとベッドから起きられるようになりました。
また、肌も化粧品を変えていないのにハリが出てきて、健康面だけでなく美容面の効果も実感することが出来ました。
ただ飲むだけでこれほどの効果を得られるなんてまったく思ってもいませんでした。
もちろん、これからも青汁を続けて、いつまでも元気に若々しくいたいと思っています。

 

健康だけでなく美容にもいい青汁

実家暮らしのときは家での食事はいつも母が作ってくれて、和食を中心としたバランスの良い食事が出来ました。
しかし一人暮らしをしてからは外食はほとんど洋食で、家での食事もコンビニで買ってきた弁当や、インスタント食品が中心となっていたのです。
ちょうどそのころ体重が増えたと感じるようになったので、1日の食事をノートに書き出してみたのですが、それを見返してみると明らかに野菜不足だと思いました。

 

自分の食事を見返して野菜を食べていなかったことに気づいた私は、1日の理想の野菜摂取量について調べてみました。
その結果350グラムが理想だというのです。
では私はというと大体250グラムほどの野菜しか食べられていなかったようです。
この結果にはさすがに焦りました。
野菜不足は生活習慣病の原因にもなるというので、早めに対策をしなくてはならないと思ったのです。

 

しかし仕事に忙しい私が栄養バランスを考えて食事を作るのは難しく、もし実践しても続けられないと思いました。
そこで青汁を飲むことを決めたのです。
野菜がたっぷりと使われていて、健康に良さそうなものを飲みたいと思うと、やはりクセのある味ですが少し工夫をして飲むことで飲みやすくすることに成功しました。

 

私のお気に入りの青汁の飲み方は、粉末タイプのものを豆乳で溶かして飲むことです。
これですと青汁独特のクセと苦味がやわらかくなるのです。
これを私は毎朝飲み続けています。
そして便秘解消と肌の調子が良くなったと感じたのです。
便秘解消出来たことで増加傾向にあった体重も、増えにくくなり少し痩せたことも嬉しかったです。
肌の調子も以前よりよくなり、メイクのりもよくなったので、メイク時間が短縮できました。
さらに嬉しかったのが花粉症の軽減です。
まさか青汁を飲んで花粉症の症状が落ち着くとは思っていなかったので、これは嬉しい誤算でした。
いつも豆乳割りの青汁が飲めるとは限らないので、錠剤タイプのものも持ち歩いています。

 

私の初めての青汁は冷凍でした

私自身、テレビのCMで青汁の存在は知っていましたが、苦いというイメージが強く、最初は全く試す気はありませんでした。
野菜は食事で採れば良い、そう思っていたからです。
しかし大学に行く頃から、どうも野菜不足になってきていると感じていました。
一つは外食続きで好きな物ばかり食べていたから、そしてもう一つは母の作る料理がどう見ても茶色ばかりになったからです。
さすがに緑黄色野菜が不足していると思った私は青汁を飲み始めました。
自宅に配達してもらう物で、冷凍のタイプを利用しました。

 

野菜不足の解消の為に青汁を飲み始めましたが、実は最初からそれを飲んだわけではありません。
最初は野菜ジュースを飲んでいました。
ただ糖分も沢山摂取する事になりそうで、甘い物が苦手な私は毎日飲み続けるのは大変だと判断しました。
そこで甘くない青汁の存在を思い出し、飲み始めたと言うのが実際の所です。

 

説明書の通りにして飲んでみましたが、さすがに苦みがすごくそんなに簡単に飲むことはできません。
これは何かを加える方が良いのではないかと思って最初はだしとしょうゆを加えてみましたが、苦さが増すだけでダメでした。
甘くする方が良いのではないかと思い、砂糖を入れましたが甘苦い感じであまりおいしくありません。
そこで母に相談してみた所、牛乳を勧められました。
ただ3.6とか4.2と言ったものであれば苦みも軽減されましたが、低脂肪乳は苦みが殆ど変らなかったので、もし牛乳をミックスする人がいたら濃い目の物をお勧めします。

 

牛乳を混ぜても毎日それを飲むのはあまりおいしくありません。
そこで上にバニラアイスを載せたり、はちみつを掛けたりして飲み始めました。
青汁を凍ったまま牛乳と混ぜるとシェイクみたいになるので、少し太めのストローを買ってきて緑色のシェイクと言って飲んでいた事もあります。
そのまま飲む事ができれば良いのですが、それが無理な時は試行錯誤して自分好みの味を作ることをお勧めします。

 

美容と健康のために青汁をはじめてみました

テレビやインターネット広告で健康をうたった青汁の広告が日々たくさんでています。
しかし私は小さい頃おばあちゃんが飲んでいたものをちょっと飲んだところ苦くて口に残る感じがして以来とても飲む気にはなれませんでした。
テレビのCMでも時々宣伝がありますが、出演しているのはおばあちゃんやおじいちゃんばかりでなかなか若い人が飲むものではないのかな、というイメージを持っていました。
しかし美肌になる方法を探していたところ美容成分がたくさんつまった商品のひとつに青汁がありました。

 

見た目やイメージに反してたくさんの美容効果がある飲み物です。
美肌アンチエイジング効果があり、ビタミン成分も豊富に含まれています。
野菜不足になっている人が一日に一杯飲むだけでかなり不足している栄養分を補給することができるときいています。
野菜は嫌いではありませんが、つい忙しかったり外食が続いてしまったりして野菜不足の傾向が強いです。
それなので私も健康のために飲むことにしました。
インターネットで購入すればかなり一杯あたりのお値段が安く、お家まで届けてくれるのでありがたいサービスだと思いました。

 

小さい頃飲んだものはかなり苦くてとても飲めたものではありませんでしたが、今は大人になったのか味が改良されたせいか、かなり飲みやすいものになっていました。
まるで抹茶ドリンクを飲んでいるような気分です。
普段から抹茶のお菓子やカフェでも抹茶フレーバーのドリンクを飲むぐらいです。
そのため自宅でも気軽に抹茶味のドリンクでおまけに栄養成分たっぷりのものが飲めて一石二鳥です。
またバニラアイスやヨーグルトにいれても美味しい、という声から自分もそのようにして楽しんでいます。
こうしていれば飽きませんね。

 

青汁を飲み始めてから肌の調子がかなりよくなってきました。
肌のためにサプリメントを飲んでいた時期もありましたがやはり飲み物の効果は素晴らしいです。
朝に食欲がないときは朝食にスムージー感覚で飲むこともあります。
ビタミンだけではなく、食物繊維やミネラルやカリウム、マグネシウムなどたくさんの栄養成分があります。
女性にとって最高の美容ドリンクだとも思います。

 

青汁の優れた効果を実感

仕事の忙しさから料理をする暇もなく、出来合いのものばかり食べるようになり、そのせいか肌荒れが酷く目立つようになりました。
そして、その肌荒れだけでなく、これまではまったくなかったのですが便秘がちになってしまい、体の調子が優れない日々が続いていました。
なにかこうした肌や健康に良い商品はないだろうかと思い、市販のサプリメントなども利用してみたのですが、一向に効果の方は現れず、肌荒れ、便秘共により悪化していきました。

 

このままでは本当に健康を損なってしまいかねないと思い、インターネットで健康改善方法を調べていると、私の症状とまったく同じ症状の方が青汁でその悩みを改善したという記事を見つけました。
腸の働きを良くすることから便秘解消に役立ち、また抗酸化作用のあるビタミンC、Eを豊富に含んでいるのでアンチエイジングをはじめ、美容全般に効果があるということでした。
私と同じ症状の方が改善出来たのだから自分にも効果があるはず、とそう考え、私はすぐに専門のサイトの方から注文しました。

 

青汁と聞くとやはりはじめに頭に浮かぶのはその味です。
若い頃テレビなどでよく罰ゲームに使われていたのを目にしていたので、正直不安もありましたが、販売サイトの方でも今の青汁は味が改善されていて、飲みやすいどころから美味しいと掲載されていました。
その話を信じて早速飲んでみると、人によりその感じ方はそれぞれだとは思いますが、私には濃いめの抹茶のような味に感じ、美味しくぐいぐいと飲むことが出来ました。

 

そして、それから毎日しっかりと飲み続けると、なんとたったの一週間ほどで便秘がすっかりと改善されました。
お腹の張りもなくなり、体が軽くなった感じまでして、毎日の仕事もこれまでより楽にこなせるようになりました。
肌の方の効果は、飲み始めてから一月ほどで実感出来ました。
大人ニキビがなくなっただけでなく、肌に弾力の方も出てきて、その美容効果には驚かされるものがありました。
今日で使用してから三ヶ月が経ちましたが、飲むだけでこれほどまでの優れた効果を得られるのですから、もちろん今後も購入を続けて、健康促進だけでなくアンチエイジングにも力を入れていきたいと思っています。

 

青汁を毎日飲んで思うこと

私が青汁を飲み始めたきっかけは、仕事で朝から晩まで働いていたため食事が疎かになり、少しでも栄養補給をしたいという思いからでした。
たまたま、ネットサーフィンをしていた時に広告を見て、これは身体に良いかもしれないと思ったのです。

 

ちょうど、青汁を販売している会社がキャンペーンを行っており、初めて購入する人は価格が通常よりも安くなるので、試しに購入することにしました。
私が最初に頼んだのは粉末タイプのもので、3日ほどで商品が届きました。
さっそく飲んでみたところ、思ったより美味しかったのでびっくりしました。

 

青汁というと苦いというイメージだったので、鼻をつまんで飲まなくちゃいけないかと思っていたのですが、水で溶いただけでも普通に飲めました。
でも、試しにオレンジジュースやアップルジュースと混ぜて飲んでみたら、とても美味しく飲めたので、緑の野菜の独特な味が苦手な人はフルーツジュースや野菜ジュースと混ぜて飲むと飲みやすくなると思います。
私は、普段は粉末タイプのものを1日1回か2回溶かして飲んでいますが、スーパーに行った時に冷凍のものがあったので飲んでみたところ、これも美味しかったので、時々飲んでいます。
冷凍のものは、まさに青汁という感じなので、ジュースと混ぜた方が美味しく飲めますね。

 

青汁を飲むようになって嬉しい効果がいくつかあったのですが、まず肌がきれいになりました。
そして、便秘も解消されました。
私は便秘がひどく、肌に吹き出物などができやすくて困っていたので、嬉しい驚きでした。
考えてみれば、緑の野菜を絞ってを飲むと腸がきれいになるというのは、昔から言われていたので、便秘が解消されるのも肌が美しくなるのも今ではよくわかります。
しかし、飲み始めた頃は、身体や肌の調子が良くなることがすごく嬉しかったのです。
そして、いくら化粧品などで肌のトラブルを隠しても駄目で、やはり身体の中から美しくならなくては意味がないと痛感しました。
あと、睡眠の質が良くなり朝すっきり目が覚めるようになったことと、身体が軽く感じるようになったことも嬉しい効果でした。

 

今の時代青汁は、誰もが知っている飲み物になりした。
昔は物珍しく飲む人が多かったのですが、身体にいいことから摂取する人がどんどん増えてます。
私もその一人なのですが、購入方法はいろいろあります。
薬局やコンビニで購入したり、ネット通販で購入といろんな方法で購入することができるのです。
私は最初はコンビニで購入していましたが、最近ではネット通販で購入するようにしてます。
コンビニで購入するより、ネット通販なら摂取した人達の口コミ等をみることができるので、それを見て購入しています。

 

青汁といっても、今ではいろんな企業が発売しています。
私も最初は、何を選んでいいのかわからなかったのですが、よく見てみると分かりやく書いてあったのです。
がんや糖尿病等の生活習慣病に効果があるものか、美肌アンチエイジングの効果があるものに分けられてます。
企業によっては、それぞれ違ってくるのです。
昔は、身体に気を使って摂取する人が多かったみたいですが、今では私のように美容のために摂取する人の方が多くいます。

 

多くある青汁のなかで、効果があるもの効果がないもの見分けるのは大変です。
ネットで口コミをみても、効果があるものが多いけど効果がないものもあります。
私には選ぶ時、私なりのポイントがあるのです。
まず広告に騙されない事です。
派手に広告をだしている企業もありますが、それだけで効果がでるとは限らないです。
次に原材料と産地を確認します。
国産で無農薬ならいいと思います。
後は飲みやすくて、続けて飲むことができるものを選びます。
効果がでるものでも、続けて飲まなければ意味がないです。
それと品質と、価格のバランスがいいものです。

 

青汁の成分にも、種類があります。
ケール、よもぎ、大麦若葉、明日葉、桑の葉があります。
そのなかでも飲みやすいのは、大麦若葉と明日葉でクセがなく子供にもオススメです。
ケールはこの中で、1番栄養があります。
疲れが溜まりやすい人などが飲むといいです。
よもぎは、身体を温める効果もあり女性特有の病気にも、効果があります。
桑の葉は、昔からあるもので苦味があるので少し飲みにくいと思います。

 

一昔前の某有名なコマーシャルで印象深い青汁ですが、今となっては苦みが強いという印象はほとんどないでしょうか。
私が青汁に出会ったのは実はかれこれ約20年近く前になります。
きっかけは単純で、学生時代だった私が酷い吹き出物と便秘に悩まされていた私に母がすすめてくれたのです。
正直、味はやはり少し苦みが強かったのを記憶していますが母に口癖のように、良薬なら口に苦いものよと言われながら飲んでいました。

 

当時は補助食品といったものに慣れてなかった私でしたが、食品の1つとして飲めばいいと母から言われるがままに半信半疑のまま飲んでいました。
飲み始めて約1週間程で効き目はあり、吹き出物も便秘も解消されました。
その時はじめてケールの存在を知りました。
更に成分を調べていくと、食物繊維はもちろんミネラルやビタミン、その他にもカリウムやマグネシウム等が豊富に含まれている事も知りました。

 

それから月日は過ぎましたが、今でも青汁を飲んでいます。
私の体にはなくてはならない必要な物になりました。
たとえ旅行に行くにも持参するほどです。
理由は単純です。
小さな事に聞こえるかもしれませんが、私にとっては吹き出物がないと気持ちが前向きになれて積極的になれるからです。
今では色々なメーカーから多種多様なタイプが出ています。
パウダーで水等に溶かして飲むタイプ、サプリメントタイプ、ゼリータイプなどがあり、私は状況に合わせて飲み分けるようになりました。

 

また、ケール以外でも大麦若葉、明日葉、クマザザ等を成分にした商品も出て、飲みやすい商品が溢れるようになりました。
それに青汁商品を利用した料理法や飲み方などを利用したレシピなども展開されているので、それを日々の食事にも取り入れています。
よって多くの青汁商品に囲まれた生活をしています。
楽しく飲めて綺麗で健康になれるであれば最高ではないでしょうか。
もしもまだ、未経験の方がいらっしゃったら一度試されてみることを強くおすすめします。